小指の爪、ささくれてん?ぶち抜くべき?

ある日突然、指先に走る痛み。

気になってみてみると爪の生え際からひょっこり皮のようなものができている、なんてことはありませんか?

今回はそんな”ささくれ”ができたときの対処方法を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ささくれの処理の仕方

準備するもの

・爪切り(キューティクルニッパー型がオススメです)

KIMINO ネイルニッパー キューティクル プッシャー付き

爪切りにも種類があり、どれを使うべきか悩むところですがこちらの商品はささくれの処理以外にも巻き爪気味の方でも爪切りやすいニッパー型になっているのでオススメです。

”キューティクルニッパー”であれば基本的に処理がはかどりやすく処理後の手入れもしやすいです。

ハンドクリーム

メンソレータム 手荒れケア

処理の後は指に負荷がかかるのでなるべく、ハンドクリームを塗りましょう。ハンドクリームであればお手持ちの構いません。

処理

キューティクルニッパーでささくれの根元からカット

ただ、それだけで構いません。あとはハンドクリームを塗って保護して終わりです。

決して引っこ抜かない

ささくれを無理に抜くと痛みが伴うだけでなく最悪、化膿してしまい、指を切断する結末もあります。

抜きたい気持ちを押し殺して根元からカッティングをすることで新しいささくれができるのを予防するだけでなく撲滅につながります。

まとめ

  • 爪切りで根元から切る
  • 処理の後はハンドクリームで保護
  • 決して引き抜かない

いかがでしょうか。

指に衝撃が走ったからといってその場で引っこ抜かないことが重要です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

普段からYouTubeにてゲーム実況を主に動画投稿・ライブ配信を行っているのでよかったらチャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

スポンサーリンク