ワードプレスのパーマリンクでSEO対策できるのか?検証方法を知りたい

ブログを書いていく上で大事なのは自分が楽しんで書くことと同じくらいに人の目につくように工夫をして記事をバンバン投稿していくことだと思う、おまるです。

どうも、ふだんダラダラしてるスーバークソニートおまるです。

今回の記事は WordPress のパーマリンクっていうのはしっかり設定した方がSEO対策になるって聞いたのでパーマリンクの付け方を忘れたときにすぐ思い出せるよう適当に書いておくっていう記事です。

ごめんなさい。僕、基本適当なんです。

スポンサーリンク

パーマリンクとは?

ずばり、わかりやすくTwitter のかたが言っている通り記事ひとつひとつについている住所なのですがこの設定が適当になっていると、住所の特定が難しくなってしまいます。

現実世界では自分の住んでいる場所がバレないように複雑な住所が喜ばしく、好まれますがブログにおける住所は誰でも訪れやすいようにわかりやすい住所が好まれるのです

最適なパーマリンク

東京ディズニーランドの魅力を調べたいときに多くの人が「ディズニーランド 魅力」と検索すると思います。

自分の記事を読んでもらいたい場合、タイトルに「ディズニーランドの魅力はどこにあるの?」など、検索にかかりやすいタイトルにすると思います。大体の人がそうしていると思いますが、大体の人がそうするということはそう言ったタイトルで溢れていることになりますよね?

そこで、タイトルだけでなく、住所(パーマリンク)に”ディズニーランド”・”魅力”が入れることで検索にヒットする確率が上がります。

パーマリンクを設定するだけで、タイトルも併せて検索にかかりやすくなるのがわかりました。

しかし、書いている記事をどんな人に見てもらいたいか指定するのは書いている自分なのでデフォルトでパーマリンクが検索しやすい設定にはなりません。

デフォルトのパーマリンク

WordPressの設定でパーマリンク設定があるのですが、何も弄らないと「post-〇〇」というように記事の番号として設定されています。

そのため、「ディズニーランド 魅力」と検索した際に出てくる可能性が著しく落ちます。いくらタイトルに検索キーワードが入っていてもパーマリンクが設定されていないと検索上位に出てくるのはとても厳しいです。

そして、Wordpressの設定にはタイトルをそのままパーマリンクに設定する方法もあるのですが、タイトルの全文がパーマリンクとして設定するため「ディズニーランドの魅力はどこにあるの?」となってしまいます。

僕たちにはどれがキーワードか分かるのですがGoogleの検索エンジンはキーワードだけを抽出して検索結果に表示する段階でどれがキーワードなのか判定が難しくなってしまいます。

タイトルを英語で書いていれば英単語の塊をキーワードとして認識することができるのですが、日本語は文章のどこで区切っているのか見分けが付きづらいのです。

パーマリンクは英単語で設定するとよし!

さて、パーマリンクを設定することで検索に引っかかりやすことがわかったので具体的にどういったパーマリンクが好ましいのか説明すると

ずばり、英単語!!

が検索にかかりやすくなります。

Google 検索エンジンでは日本語の単語で検索を入れても英単語も候補としてキーワード選定されます。そのため、パーマリンクを日本語の単語で設定するよりも英単語で設定した方が検索エンジンに引っかかりやすくなるってことですね?

僕もいまいち理解してないんでパーマリンク設定のひとつのルールとして英単語で設定することをオススメします。

ちなみに設定するときは単語の区切りにハイフンを入れることで単語を正確に認識させることができます。「disneyland-attraction」といった感じですかね。魅力はアトラクションという意味もあるので検索率アップにつながりそうです。

まとめ

  • パーマリンクは記事の住所であり、URLの末尾の部分
  • ハイフンを使って単語を区切ると効果アップ
  • なるべく英単語が好ましい
  • 作成した記事のパーマリンクをいじると累計アクセスが切れてしまうので注

twitter の方がしっかりまとめていたのですが最後に僕の復習として書いておきます。

読まれることが全然ないブログでもパーマリンクを設定することで変わってくるって聞いたらやるしかない!ということで僕は今日全部のパーマリンクを書き換えました。今までのアクセスがクリアになって検索順位が下がってしまいましたが、今後の検索率に期待です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク